寒川神社2013 川越おやじブログ

小江戸川越の街の写真 、出張先の街の話等々つらつらと書いているブログです。

寒川神社2013

GWが始まり前半が終了しました。
私はというと、今週も日曜日、海老名に出張でした。(汗)
まだ、トラブルでの出張ではないので、気持ち的には楽ではありますが...。(汗)

私、出張に行って、時間さえ合えば、なるべくその土地の神社またはお寺に行くように
しています。
って観光ではありませんよ。念のため...。(笑)

で、今回お邪魔したのは、前々から来たかった神奈川県寒川町にある「寒川神社」。
朝早めに川越を出ます。
折しもGWの前半。
交通情報をIPadで検索すると、故障車による渋滞があちらこちらに。

関越、東名も混んでいたので、圏央道で向かうことにします。
R16を入間に向かいます。
日曜日だからなのか、R16もガラガラ。
すぐに入間IC到着。
圏央道もスイスイでしたが、中央道とのジャンクションがある八王子JCで
GWの洗礼を受けます。(汗)
これなら、R16でそのまま行っても良かったかな。(汗)

私が向かうのは高尾山ICでしたので、JC過ぎればまたスイスイでした。
高尾山ICからはひたすら下りの一般道。
川越から1時間半で到着です。
圏央道が茅ヶ崎まで繋がれば、1時間掛からないで行けるのでしょうね。
2年後位ですかね、楽しみです。(笑)

寒川神社2013
寒川神社2013

厳かな雰囲気に包まれます。

御由緒は次の通りです。


関八州鎮護の神として古くからこの地方の名祠とあがめられています。
具体的な創祀年代はわかっていませんが、総国風土記によると、
約千五百年前雄略天皇の御代に幣帛を奉納せられたとあるので、
当時既に関東地方に於ける著名の神社として遠近に知られていたと
考えることができます。

御由緒

ニ柱の神を祀った寒川大明神

残念ながら寒川神社の創祀年代はわかっていません。
ただし雄略天皇(456~479)の御代に奉幣、
また神亀4年(727)社殿建立と伝える記録があり、
少なくとも千五百年以上の歴史を誇ることになります。

初めての公の記録は、仁明天皇承和十三年(846)
神階従五位下を授けられたとの『續日本後紀』の記録です。
爾来神階の授与が度々なされており、齋衡元年(854)従四位下、
元慶八年(884)正四位下、延喜十六年(916)正四位上と進階されました。

また『延喜式』神名帳(927年編纂)によれば、
相模国十三社のうち、唯一の名神大社とされています。

戦国武将も信仰

後には源頼朝、北條義時、武田信玄等の武将、徳川家代々の篤い信仰をうけており、
いずれにしても千五百年余りの歴史を有する古社で、相模国一之宮とも称され、
霊験あらたかな神社として現在に至るまで信仰されてきています。

寒川神社 Webページから引用




寒川神社2013
寒川神社2013

寒川神社2013
寒川神社2013

寒川神社2013
寒川神社2013

ここ寒川神社、春分、秋分の時は、富士山から見て、ご来光のライン上にあるとのことで、
パワースポットとしても有名なようですよ。

ということで、欲しがりすぎは良くないので、初めましてのご挨拶のみ
してきました。(笑)

ご挨拶も済んだことだし、さぁ、仕事仕事...。(笑)





一歩一歩、歩いて行きましょう。

よろしければ、こちらをポチっと応援お願い致します。(大汗)

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
散歩写真ランキングに参戦中

関連記事
[ 2013/04/30 07:45 ] 出張 | TB(0) | CM(2)
こんにちは(^^)
寒川神社、有名な
パワースポットですよね~
何度かお参りに行ったことがあります

海老名まで早く圏央道つながって
欲しいですよね~(^^)
[ 2013/04/30 09:47 ] [ 編集 ]
とあさん。
おはようございます。
コメントありがとうございます。

寒川神社は、そんなに有名なのですね。
私は、名前位は知っていたものの、
有名だとは知りませんでした。(汗)

茅ヶ崎にも仕事で行くことが多く、
何時も横目に見ながら、行くことが
出来なかったのです。

高尾山から、茅ヶ崎方面は2014年には
開通するようですね。
鎌倉までが近くなってくれると、嬉しい
です。(笑)
[ 2013/05/01 07:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する