「うなぎ 小川菊」 川越昼歩き 川越おやじブログ

小江戸川越の街の写真 、出張先の街の話等々つらつらと書いているブログです。

「うなぎ 小川菊」 川越昼歩き

先週の土曜日、小江戸川越「うなぎ」の有名店、「小川菊」さんに、奥様と二人でお邪魔しました。

実は私、前にも書きましたが、川越に住み始めて二十数年になりますが、「小川菊」さんには
行ったことが有りませんでした。
うちの奥様が魚介類があまり好きではなく、選択肢から外れておりました。

それが何故って?

うちの奥様、ちょっと前に会社の宴会で「いちのや」さんに行って、うなぎを食べたら
「あれ?食べれるジャン。」と思ったそうです。(汗、汗、汗)
多分、先入観が先行してしまっていたのか、生臭さにちょっと慣れてきたのか、
良く解らないのですが、私としては大歓迎。

じゃあ、「小川菊」に行ってみようか、となった次第です。

ただ、「小川菊」さんと言ったら、川越でも名店中の名店。
お店の前に行列が出来るくらいの人気店です。

今度は行列嫌いの私がネックに...。(大汗)

そこで、ちょっと考えてみました。

皆さん「秋の土用の丑の日」はご存知でしょうか。

「夏の土用の丑の日」は結構騒がれますが、「秋の土用の丑の日」は、
あまり騒がれませんよね。
(土用の丑の日は春、夏、秋、冬と年4回有ります。)

でも実は、秋の方がうなぎが冬眠を控えていることも有り、
美味しいと聞いたことが有ります。
(夏は夏バテ予防に効果有り、だそうです。平賀源内さんが言ってたみたいです。汗)

うなぎ好きの方ならご存知なんだろう。

土用の丑の日ってのも、きっかけには最高。

じゃあ、そこを1週外したらあまり混んでないかもと
考えました。

今年2010年の秋は10月30日がその日でしたので、
決行日は1週間後の11月6日と決定しました。(笑)

12時ちょっと前にお店に到着するよう家を出ました。

川越 「うなぎ 小川菊」

目論み通りだったのかどうかは分かりませんが、お店の前に行列はなく、
すぐに入店出来ました。(嬉)

中にも若干、待っている方がおられましたが、待ち時間は10分程でした。
私たちの後は、12時過ぎだというのに、席が開いたりしていました。

ではでは、早速注文を。

私は「上うな重」\2100-、奥様は「うな重」\1800-を注文。

お店の雰囲気を楽しみながらしばし歓談。
川越 「うなぎ 小川菊」
七代続く老舗、建物にも相応の趣が有りますね。
(江戸時代後期の創業だそうです。)


しばし待っていると、やってきました。
川越 「うなぎ 小川菊」

いやはや美味しそう。

それでは一口。

うん、美味い。

みりんなんですかね? 甘み成分がうなぎをしっかりコーティングしていて、

外はパリッとした食感なのですが、中はふっくら柔らかい。

所謂、外パリ、中フワってやつなんですかね。 

尻尾の方だけが若干焦げていて、香ばしさをプラスしています。
(計算ってやつですね。)

「たれ」の美味しさのあとに、うなぎの美味しさが口の中に広がります。

一気に完食しちゃいました。

肝吸いの方も柚子の香りがたまらない。

ごちそうさまでした。

奥様も完食でした。(肝は私がいただきましたが...。笑)

いやー、美味しかった。

値段は、私にとっては若干お高めですが、また来てみたいなと
思いました。

ただ、ちょっと気になるのは、この時期のうなぎの脂の多さ故なのか、
新米の季節でなのか、うなぎの皮の下のご飯が一層だけベチャついているのが、
ちょっと気になってしまいました。

私、つまらないことが気になってしまう性分なんです。
(特に食に関しては...。汗)

だから、「グルメネタ」中々書けないんですよね。
(美味しさを表す、ボキャブラリーが無いだけか...。涙)

でも、そこを差し引いても十分に美味しいお店でしたよ。

皆さんも江戸時代後期から受け継がれた味を、是非ご賞味あれ。


「うなぎ 小川菊」

住所:埼玉県川越市仲町3-22
    大正浪漫夢通り

営業時間:11:00頃~19:00頃迄(売り切れ終了)

定休日木曜:(祝日の場合は翌日休)

地図


応援よろしくお願いいたします。
こちらをポチっと。(汗)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 川越情報へ
にほんブログ村
川越ランキングに参戦中




関連記事
[ 2010/11/13 21:48 ] 名所(仮) | TB(0) | CM(2)
小川菊さん、行かれたんですね。
私も一回行ったことがありますが、平日じゃなかったので、行列が店内にも出来ていて、しかも相席で
とても気まずい感じで食べた記憶があります(笑)

気になるお味も…あまり覚えてません(T_T)

ごはんは、さらっとしていなかったと思います。

[ 2010/11/19 12:53 ] [ 編集 ]
とあさん。
はじめまして。
おはようございます。
コメントありがとうございます。

確かにあのテーブル席は、食べづらい気がしますね。
5分程、脇の縁台のところで待ったのですが、
すぐそばに待っている人がいると思うと、ちょっと厳しいですよね。(汗)
私たちは、たまたま座敷席だったので良かったのですが。

私、鰻というと勤めている会社そばの飯田橋「川勢」さん
にたまに行くのですが、(もちろん社長の奢りの時だけですが。笑)
価格、味等、トータルで考えた場合、負けず劣らずかなぁと勝手に
思っております。(好みの問題も有るでしょうが。汗)
その分、あのテーブル席は何とかならないものかなぁと思う次第です。

[ 2010/11/20 10:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する