長浜城 再び 川越おやじブログ

小江戸川越の街の写真 、出張先の街の話等々つらつらと書いているブログです。

長浜城 再び

先週、木曜日再び滋賀県に出張に行ってきました。
今回は、アメリカ人(アリゾナ)と一緒に。

アメリカ人が居ることを良いことに、長浜城に上ってしまおうという魂胆です。(汗)
いつものごとく、午後からのアポですので、長浜にて途中下車しお昼をいただきました。

お昼は前回同様、お蕎麦・うどん屋さんの「善光」さんです。
長浜 善光


前回の時は、うどんだったので今回はそばにしてみることに、

長浜 善光 特上ざるそばセット

アメリカ人の方はというと、私が前回食べた、「のっぺいうどん」です。(汗)
前回記事参照:長浜城 桜

私が前回食べたのっぺいうどんを説明したら、

アメリカ人の方:「おー、しいたけマッシュルーム、好きです。」
アメリカ人の方:「私、それにしまーす。」
私:(汗)
(注)日本語訳でお伝えしています。(笑)

アメリカでも、しいたけはしいたけなんですね。

最近、アメリカ国内に日本食レストランが沢山あるようで、アメリカ人の方もかなり上手に
箸を使われますね。
家の息子より上手かも...。(汗)

ただ、この「のっぺいうどん」は汁がドロドロなので悪戦苦闘。(笑)
冷めない汁となれない箸で、大汗をかいておりました。
良い経験です。(大汗)

私が、アメリカに行く時があったら怖いですが...。(ワニ食わされるのかな。汗)
そういえば、昔コロラドに行った時は、バッファロー食べたのを思い出しました。

話がそれました。

結果的に「のっぺいうどん」は満足してくれたようです。
(多分好んでは食べないでしょうが。私のバッファローと同じように...。笑)

早々にお昼を済ませ、長浜城へ。

拝観料は一人400円でした。
内部の写真は、残念ながら撮影禁止でしたのでありません。

長浜城
1573年(天正元年)に羽柴秀吉(豊臣秀吉)が浅井長政攻めの功で織田信長から浅井氏の旧領を拝領した際に当時今浜(いまはま)と呼ばれていたこの地を信長の名から一字拝領し長浜に改名した。小谷城で使われていた資材や、あらかじめ、竹生島に密かに隠されていた材木などを見つけ出し、それらを使用し築城を開始した。

同3・4年頃完成し入城。湖水に石垣を浸し、城内の水門から直に船の出入りができるようになっていた。城下町は小谷城下(滋賀県長浜市湖北町伊部)からそのまま移した。そのため、現在でも城下町には当時の面影や名残がある。秀吉が最初に築いた居城であり、秀吉の城下町経営の基礎を醸成した所でもある。 本能寺の変後、清洲会議で長浜の支配権を獲得した柴田勝家の甥の柴田勝豊が入城するも、まもなく勝家と対立した秀吉に攻められ落城した。賤ヶ岳の戦い後は、山内一豊が6年間在城し、内藤信成・信正が城主になるが1615年(元和元年)に廃城になり資材の大半は彦根城の築城に流用された。彦根城の天秤櫓は、長浜城から移したものと伝えられている。その他、長浜市内にある大通寺の台所門は長浜城の大手門を移したものと伝えられ、今でも矢尻の跡が残っているを見ることができる。同市内にある知善院の表門は、長浜城の搦手門を移したものと伝えられている。

現在の天守は1983年に犬山城や伏見城をモデルにし模擬復元されたもので市立長浜城歴史博物館として運営されている。
Wikipediaより引用

すでに来年のNHK大河ドラマ「お江」の、のぼり旗が立っておりました。

長浜城の天守閣部分からの画像です。
長浜城 豊公園

長浜城 豊公園 琵琶湖

長浜城 豊公園 琵琶湖

秀吉は、当時何を思いながらこの風景を見ていたのでしょう。

帰りにお土産コーナーを覗くと面白いものが...。
いしだみつにゃん

「ひこにゃん」ならぬ、その名も「いしだみつにゃん」(爆)
私、こういうの大好きです。

仕事も無事終わり、何とかその日のうちに川越に着くことができました。
内容的には「Good job!」でした。(笑)

いつもご協力ありがとうございます。
こちらのバナーを、ぽちぽちとクリックしていただけると
管理人が喜びます。(笑)


日記・ブログランキング

日記・ブログランキングに参戦中
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
川越ランキングに参戦中



関連記事
[ 2010/05/16 08:46 ] 出張 | TB(0) | CM(2)
はじめまして!

何度かブログ拝見していました♪

天守閣からの眺め、とっても綺麗ですね!!!

海外の方もきっと喜んでくださったでしょうね♪

また、おそば、とってもおいしそうです!
おそば、大好きです♪
[ 2010/05/16 10:39 ] [ 編集 ]
三十路オンナさん。
こんばんは。
拙ブログへのご来訪ありがとうございます。
私も度々、貴ブログへ訪問させていただいておりました。(汗)
また、コメントありがとうございました。

まだ少し冷たい琵琶湖からの風が、最高に気持ち良かったです。

彼は20代後半(見た目は40代)、仕事が終わった瞬間の
彼のテンションの上がり方見て、かなりプレッシャーを
感じていたんだなぁと。
外国の人ってすごく老けて見えるんですけど、そういうところを見ると、
やっぱり若いんだなと思っちゃいました。(笑)
なんか息子を見てるみたいな不思議な感覚...。(老)

そういえば、そば湯も飲ませてみたんですが、不思議な顔をしていました。(笑)


[ 2010/05/17 08:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する