目には青葉 山郭公 初松魚 川越おやじブログ

小江戸川越の街の写真 、出張先の街の話等々つらつらと書いているブログです。

目には青葉 山郭公 初松魚

目には青葉 山郭公 初松魚
目には青葉 山郭公 初松魚


「目には青葉 山郭公 初松魚」

山口素堂という江戸時代の俳人の俳句です。

目に青葉 山ホトトギス 初鰹

今風に読むとこうなります。

字余りとか、季語が二つとか、突っ込みどころ満載の俳句らしいですが、

今日はそれぞれ、もろもろ置いといて、初鰹に迫ります。

この初鰹が川越に非常に密接な関係にあるんです。(汗)

時は戦国時代前期に遡ります。

...長くなりますので、ご興味のある方は「続きを読む」でご覧ください。(汗)


一歩一歩、歩いていきましょう。

いつもありがとうございます。


記事の続きです。

未だ川越城は、河越城と言われていた時代。

河越城が、扇谷上杉家によって武蔵野国の要所と言われていた時代のことです。

扇谷上杉家の家臣太田道灌親子により、河越城、江戸城が築かれます。

しかし徐々に太田道灌の威望も絶大なものとなってきて、扇谷上杉家の不信を買い、

仲間である上杉家によって、太田道灌は暗殺されてしまうのです。

今の考えから逸脱してますよね。

家臣と言えば、息子同然...。

でも戦国時代は、息子が親を討つ、息子が親を騙す、当然に行われていた時代なんです。

誰も信じられない時代だったのですね。

この暗殺をきっかけに扇谷上杉家は衰退していくのです。

っで、関東進出を果たした早雲、その息子北条氏綱が河越城を狙っている時、その事件は訪れます。

天文6年の初夏の頃、なんと、カツオを釣る船を視察していた北条氏綱の船にカツオが飛び込んできたのです。

氏綱は戦に勝つ魚が自分の船に飛び込んできたと、大喜び。

河越城に攻め込み、見事河越城を我が物にしたというお話しなのです。

ここから、初鰹は縁起物として、江戸時代の人がこぞって初鰹を食べるようになったそうです。

江戸の時代、女房、娘を質に置いても食べたいと言ったそうですが、現代では有り得ない話、

そんな事を言おうものなら、旦那が慰謝料請求されて捨てられるでしょうね。(笑)

そんな冗談はさておき、氏綱が河越城を落城した後の歴史は、氏綱の息子氏康が、

再び河越城を奪還したい扇谷・山内上杉家との合戦、日本三大奇襲とか夜戦とも

いわれている、河越夜戦により北条氏の関東の覇権が決まったのでしょう。

川越の人間からすると初鰹は何とも複雑な食べ物のような気がしますが、

北条家は農民には優しかったようで、徴収は4公6民(税金40%)今からすると

恐ろしいですが、この当時は5公5民(税金50%)が主流でしたので、他に比べれば

とんでもなく安い税金でした。

こうして、武田信玄、上杉謙信、北条氏康の関東三国志時代も北条氏は圧倒的な石高

を誇っていたようです。

ここからはあくまでも私感なのですが、徳川家康が江戸を都にした理由は、この石高に

あったのではないかと想像しています。

幾度も荒れる川として坂東太郎の異名を持つ利根川の治水工事もかなりの力の入れよう

だったということです。

坂東太郎さん相当荒々しい方だったのでしょうね。

関東の侍のことも「坂東武者」と言っていたみたいです。(汗)

大河ドラマ 真田丸がかなり人気があるようですが、北条家の滅亡には真田昌幸が鍵を

握ることになって行くんですよね。

何とか結びに持っていけました。(笑)

あれ?何の話をしてたんでしたっけ。(汗)


長文、駄文にお付き合いいただきありがとうございました。

ではまた。
関連記事
[ 2016/05/07 16:51 ] 小江戸川越 | TB(0) | CM(2)
歴史は何処を紐解いていっても
何処かへ繋がってゆきそうです(*^-^*)

戦国の世を生き抜いた武将の逸話はたくさんありますよね

カツヲを食した庶民には関係なかったかも(笑)
旬なものを 食べなさいって言ってる?
粋な江戸っ子らしい・・・・

江戸時代の河越の暮らしを想像すると
ワクワクします~~
[ 2016/05/07 18:14 ] [ 編集 ]
由桜さん。
おはようございます。
コメントありがとうございます。

歴史は面白いですよね。
最近の歴史研究で地形から読み解くなんて
ことも流行っているそうですよ。

江戸町民の初鰹に対する思い、それはとん
でもないものだったようですね。
初物、しかも鎌倉沖で取れたものが最上。
この初鰹には1両、2両の値段が付いたとか。
今の価値に換算するのは難しいようですが、
安く見積もっても2両で10万円だったのでしょう。
初夏の脂ののっていない少し血生臭いカツオを
食べるのが粋だったのでしょうね。
ただこの粋っていう言葉、お金を回してこそ
景気が良くなるという経済学からすると、お金を
持っている富裕層にお金を使ってもらう口実に
なり、景気を安定させていたのではないかと
勝手に想像します。(汗)

ちなみに川越博物館の図録は面白いですよ。
古地図とか私も何冊か持ってます。
[ 2016/05/08 10:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する