川越総合地方卸売市場2014 川越おやじブログ

小江戸川越の街の写真 、出張先の街の話等々つらつらと書いているブログです。

川越総合地方卸売市場2014

川越総合地方卸売市場2014
川越総合地方卸売市場2014

今年は土曜日に仕事納めでした。

日曜日の朝は、「-5℃」の中、白鳥を撮影に行き、
帰ってきたら、疲れて一日中、撮り溜めたビデオ鑑賞をしておりました。
(途中何度も夢の世界へ行ってましたが。汗)

月曜日はコンデジ持って市場へ出かけました。(笑)

お正月用の食材を買いに、川越総合地方卸売市場へとやってきました。
人出が凄かったです。(汗)

市場と言っても、スーパーよりも高いもの、安いもの色々なので、
良く見て買わないといけません。

普段のスーパーの値段を頭に入れて、且つ産地、ブランドも頭の中へ。(笑)

川越総合地方卸売市場2014
川越総合地方卸売市場2014

これは、キロ数が揃っているので、奄美の養殖クロマグロでしょうか。

今回私が買ったものは、やはりマグロです。
残念ながら、メバチマグロです。
流石にクロマグロ(本マグロ)はお高いです。(汗)
正月料金の時には買えません。

今回は、中トロ一柵、赤身を二柵。しめて2千円でした。
値段的にはスーパーと変わらないのですが、市場の場合、冷凍のまま買えるので
正月用には持って来いなのです。
年が明けてから、解凍が出来るので。(汗)

解凍は一度、塩水(海水位の塩分)に5分位浸けて、塩水から出したら一旦キッチンペーパーで、
余分な水分を取ります。その後新しいキッチンペーパーで包んで、その上からラップを巻いて、
冷蔵庫へ。
7,8時間で解凍できます。
マグロを冷凍した時の鮮度によっては、そのまま1、2日熟成させた方が良いものも有りますので、
お好みでどうぞ。

あと買ったのは、青森産しめ鯖。普通のと炙り各300円でした。
スーパーでは、380円位なのでまぁ安かったかな。

あとは、日本酒。

初孫(山形県酒田市)の純米吟醸の4合瓶1200円(位)をマグロの刺身に合わせてみます。
最近、酒田には行ってないのですが、10年前には良く行っていたんですよ。
酒田駅近くの古びた居酒屋さんで食べたマグロ、美味しかったな。
地元の方に紹介してもらったお店で、他の物も美味しかったなぁ。

野菜は高いので止めました。(笑)
あとカニ、エビも買えなかった...です。(汗)

お肉は、前沢牛も美味しそうでしたよ。高いですが...。(笑)
私は、牛の脂は身体が受け付けないので、買えません。
松阪牛を食べた時も、近江牛食べた時も、お腹の調子が悪くなりました。
つい先日も...。(笑)

ちなみに、和牛と国産牛は違うものだってご存知でした?
和牛は、牛の種類を表すもので、黒毛和種、褐毛和種、短角和種、無角和種を指します。
国産牛は、日本国内で育てられた期間が最も長いものを指します。
和種であるのに、国産牛という名前は付けないでしょうから(売値が変わるので)、現在売られている
国産牛はほぼ、日本で育てられた和種(和牛)以外の牛ということになるでしょうね。

昔(2005年以前)、とあるスーパーでは、どう見てもオーストラリアの牛肉でしょというものが、
国産牛として売られていました。値段はオーストラリア産と同じくらいだったのですが。
私も実は良く買っていました。見た目ではどう見てもオーストラリアの牛肉だったのですが、
値段も安いし、値段の割に美味しかったので、分かっていつつ買ってました。(汗)

で、なぜこう言うことが起きていたかというと、2005年以前の国産牛の定義は、「と畜」する前
三か月以上日本に飼育されれば良いというものでした。
食用の牛の飼育期間はおおよそ30か月ですので、最後の3か月だけ日本にいて「と畜」されれば、
国産牛という名前を付けられたからなんです。
だからこういう事が起こっても不思議ではなかったんですね。
2005年以降は飼育期間の一番長くを日本で飼育されていなければ、国産牛と表示できなくなりました。

他国産を悪く言うつもりは毛頭ありません。
私の場合は、値段と美味しさのバランスが取れれば何処産でも構わない方です。
作るメニューによって結構変えてますし...工夫すれば臭みも消えますよ。(汗)
ネットで調べると、和牛一部交雑を扱っているお肉屋さんが、逆にこの2005年までの3か月ルールを
現在もそうであるかように平気でHP上に記載しているところもありました。
それもどうかなと思っちゃいますが...。(悲)

話が逸れました。(汗)

逸れたついでにイベリコ豚の話を...。(汗)

イベリコ豚っていうと、ドングリを食べていて、脂の香りがナッツ系のものと
想像されるでしょうが、これがそうでもないんです。
ドングリを食べているものはイベリコ豚の中でも選抜された10%程度で、
ベジョータ(bellota=スペイン語でどんぐりの意)と呼ばれているものだけなんです。
ここ10年ほど、日本でイベリコ豚として売られている殆どが、ドングリは食べて育って
いないんです。(ベジョータとして売られていれば別です。)

でも、黒豚より安く売られている場合が多く、私感ですが、脂の溶ける温度も低い気がしますので、
私は結構好きですよ。(豚しゃぶなんか美味しいですよ)

食の安全が叫ばれる時代ですが、見た目、味で判るものは、自分で防御線を張れるのが、
一番良いのでしょうね。(見た目、味で判らないものはどうしようもないのですが。汗)
旬、産地、値段(相場)、見た目、味を常日頃から意識することが必要なのかもしれませんね。

そういう意味でも、市場は情報収集に持って来いの場所の気がします。
私も勉強がてら月に一度くらいは、市場に行きたいと思っています。

考えてみると、写真も同じなんだろうな...。(汗)

川越総合地方卸売市場2014
川越総合地方卸売市場2014

市場は本日(30日)までやっていますので、大掃除が済んだ方は
いかがでしょうか。

またまた、脇道に逸れて長文となってしまいました。(激汗)
お付き合いいただきありがとうございました。

大掃除も、年賀状もまだまだ終わっていないglorysotでした。(冷汗)
ひゃー、年が変わる前に終わるだろうか...。(汗)



一歩一歩、歩いて行きましょう。

よろしければ、こちらをポチっと応援お願い致します。(大汗)

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
散歩写真ランキングに参戦中

関連記事
[ 2014/12/30 09:50 ] 小江戸川越 | TB(0) | CM(2)
まさしく日本はもう正月に向かって一直線ですね。

この時期は正直大嫌いです。ここではその気分は味わえませんから、ただ、忙しいだけで年末年始は終わります。

今年もどうもありがとうございました。
良いお年をお迎えください。
[ 2014/12/30 15:21 ] [ 編集 ]
tontanさん。
こんばんは。
コメントありがとうございます。

今年もあと5時間を切りました。
まぁ、まぁそうおっしゃらずに...。
そちらでは、そちらでしか味わえないことが、きっとあるので
しょうから、悲観的にはならないでくださいね。
人生悪いこともあれば、良いこともある、ですよ。(笑)

こちらこそ、今年もありがとうございました。
良いお年をお迎えください。


[ 2014/12/31 17:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する