旧鏡山酒造跡地 川越おやじブログ

小江戸川越の街の写真 、出張先の街の話等々つらつらと書いているブログです。

つばさ展 旧鏡山酒造跡地

先日、5/8に旧鏡山酒造跡地内、昭和蔵で行われています、
つばさ展に行ってきました。
本当は、始まってすぐに行ってみたかったのですが、
イベントやら、観光客の方々で、ごった返す中、行くのも何でしたので、
敢えて平日に行ってみました。

つばさ展 旧鏡山酒造跡地

雨が降ったりやんだりの、あいにくの天気でしたが、雨がやんだ隙を狙って
行ってきました。

クレアモール側から明治蔵、大正蔵、昭和蔵の順で並んでます。
つばさ展 旧鏡山酒造跡地
明治蔵

旧鏡山酒造の三つの蔵は、国指定の登録有形文化財(建造物)となっているそうです。

つばさ展 旧鏡山酒造跡地

つばさ展 旧鏡山酒造跡地

つばさ展の行われているのは、一番奥の昭和蔵です。

つばさ展は、色々なブログでも紹介されているので、当ブログでは、
酒蔵としての旧鏡山酒造跡地の紹介をしてみます。

つばさ展 旧鏡山酒造跡地

明治蔵の画像です。

明治蔵には川越市観光協会があり、少し話をさせていただきました。
やはり今年のGWは、いつもよりも沢山の観光客の方が、いらしていたと仰っておりました。

まずは、旧鏡山酒造の利用のされ方ですが、

明治蔵(観光物産):川越市の観光案内所、埼玉県物産観光館・川越店、川越伊佐沼
             農産物直売所、新富チャレンジショップが出店されているようです。
             もちろん鏡山も販売されていました。

大正蔵(イベント):市民参加型の観光振興イベント会場として活用されています。
           多部未華子さん写真集のイベントもこちらの会場で行われました。

昭和蔵(企画展示):小江戸川越の話題をPRするスペースとして活用されるそうです。
             現在は連続テレビ小説「つばさ」の展示がされています。

とこんな感じです。

つばさ展 旧鏡山酒造跡地
当時、使われていたであろう品々は、明治蔵の片隅に置かれておりました。
何だか、ちょっと寂しい感じでした。
つばさ展 旧鏡山酒造跡地

つばさ展 旧鏡山酒造跡地

つばさ展 鏡山酒造跡地

つばさ展 鏡山酒造跡地

造り酒屋といえば杉玉(酒林)ですよね。
「新酒を搾りをはじめました。」との合図で軒先に蒼々とした状態で吊り下げられ、その杉の
色の変化で、お酒の熟成具合を想像するというものです。
元々はお酒の神様に捧げられていたものののようです。

少し残念なのは、旧鏡山酒造を感じる、物は非常に少ないことですかね。
もう少し、使用していたものを、残しておいても良かったかなと思いました。
(北海道のビール工場のように)

市政でやるには限界があるのですかね。
旧鏡山酒造跡地の場所については、こちらのページの緑で書かれた「旧鏡山酒造跡地」をポチっとクリックしてください。

ちなみに、私がハマっている、
「もやしもん」という漫画にはお酒の(というか発酵かな)話が菌に着目し、描かれています。
(菌というものの見方が変わります)
この漫画、イブニングという雑誌で連載中です。
非常に菌の話がおもしろい漫画です。
デフォルメされた菌が「かもす(醸す)。」とか言っております。(笑)
よろしかったらどうぞ。
私がなぜ、天井の梁を撮りたかったのか、判るかもしれません。

ちなみに現在の小江戸鏡山酒造は、松本醤油の敷地内の蔵で、造られているようです。
いずみ食堂さん前のNTT脇の道を入って行ったすぐのところです。

松本醤油さん、小江戸鏡山酒造さんの見学も出来るみたいですよ。
詳しくはこちらをどうぞ。

ブログランキングに参加しています。
管理者のモチベーション維持のため、
一日に一度で構いません、下記バナーをぽちぽちっとクリック、
ご協力お願いします。



日記・ブログランキング

日記・ブログランキングに参戦中


テレビドラマ、関東ランキングに参戦中

[ 2009/05/09 09:38 ] 旧鏡山酒造跡地 | TB(0) | CM(0)