小江戸川越 川越おやじブログ

小江戸川越の街の写真 、出張先の街の話等々つらつらと書いているブログです。

川越 福田 香麦(シャンマイ)

川越 福田 香麦(シャンマイ)
川越 福田 香麦(シャンマイ)

暑かったり、寒かったり、身体がついていかない日々が
続いておりますが、皆様如何お過ごしでしょうか。
GWも終わり、普段の生活が戻ってきましたね。

今回は、土曜日のランチにたまに伺わせて頂くお店を
紹介します。



川越 福田 香麦(シャンマイ)
川越 福田 香麦(シャンマイ) サラダ

ここ、香麦さんは、COEDOビールの直営店だったと思います。
蔵の町のエレパードさんとか、風鈴さんも確か直営店だったと...。(汗)
このお店自体は、当初、醸造所とビアホールとして20年以上前に出来たと記憶してます。




川越 福田 香麦(シャンマイ)
川越 福田 香麦(シャンマイ) 点心

点心も中々です。






川越 福田 香麦(シャンマイ)
川越 福田 香麦(シャンマイ)

やはりここに来ると、担々麺を食べてしまうんですよね。(汗)

辛さも選べて、勿論私は一番辛いのを頼みますが、
辛さを感じる機構が壊れてる私としては、ここに辣油をマシマシです。(笑)

辛さもさることながら、美味しさも中々なんですよ。

また、無駄な大汗をかいてしまった。(笑)
ご興味のある方は、どうぞ。




一歩一歩、歩いていきましょう。




いつもありがとうございます。
[ 2018/05/11 07:05 ] 情報 | TB(0) | CM(0)

松江町 旧山崎家別邸 2階特別公開

松江町 旧山崎家別邸 2階特別公開
松江町 旧山崎家別邸 2階特別公開

先日の土曜日、川越 松江町にある旧山崎家別邸に行ってきました。
何度か訪れたことはありますが、年一回の2階特別公開がありました。
保岡勝也 川越4部作のうちの一つです。
保岡勝也は東京丸の内一丁倫敦を手掛けたお方です。

川越 4部作
 川越貯蓄銀行本店(現存せず。現埼玉りそな銀行川越支店横にありました)
 第八十五銀行本店(現存。現埼玉りそな銀行川越支店)
 山吉デパート(現存。現保刈歯科醫院)
 そしてここ旧山崎家別邸ということになります。




松江町 旧山崎家別邸 2階特別公開
松江町 旧山崎家別邸 2階特別公開

私、ここの2階につながる階段の途中にあるステンドグラスが大好きなんです。

小川三知という日本初のステンドグラス作家の作品と言われています。
「泰山木とブルージェ」という作品名だそうです。



松江町 旧山崎家別邸 2階特別公開
松江町 旧山崎家別邸 2階特別公開

こちらは1階にある作品。



松江町 旧山崎家別邸 特別公開
松江町 旧山崎家別邸 特別公開

玄関脇のステンドグラスも中々です。




松江町 旧山崎家別邸 特別公開
松江町 旧山崎家別邸 2階特別公開

2階の様子。


松江町 旧山崎家別邸 2階特別公開
松江町 旧山崎家別邸 2階特別公開


いつもは下から見上げることしかできなかったのですが、2階から見てみたかったのですよね。

手を触れないでくださいの紙がもうちょっとどうにかなると良いのですが...。(汗)



松江町 旧山崎家別邸 特別公開
松江町 旧山崎家別邸 特別公開

そしてもう一方、別府七郎の作品もあります。



松江町 旧山崎家別邸 特別公開
松江町 旧山崎家別邸 特別公開

こちらも別府七郎の作品


2年前に横浜の氷川丸に行った際、気になったステンドグラスを発見しました。
一等特別室に同じような図柄を発見。


横浜 氷川丸
横浜 氷川丸

帰ってきて調べたところ、やはり小川三知の作品でした。


横浜 氷川丸
横浜 氷川丸


関東圏では数か所でしか小川三知の作品を見ることが出来ないみたいですよ。

旧山崎家別邸 入場料:100円




一歩一歩、歩いていきましょう。



いつもありがとうございます。
[ 2018/03/29 06:16 ] 名所 | TB(0) | CM(0)

川越 喜多院2017馬酔木その2

川越 喜多院2017馬酔木その2
川越 喜多院2017馬酔木その2



一歩一歩、歩いていきましょう。



いつもありがとうございます。
[ 2017/03/09 05:40 ] 喜多院 | TB(0) | CM(0)

小江戸おさつ庵 おさつチップ

小江戸おさつ庵 おさつチップ
小江戸おさつ庵 おさつチップ


ここのところ、中々イメージ通りの写真が撮れていない
残念な年明けです。(って、大したイメージも湧いてこないのですが...。汗)

1月3日のお昼頃、川越の街中をブラブラしていたら、いつも大行列の出来ている、おさつチップが全く並んでおらず、試しに買ってみることに。

多分お店が始まってすぐだったので並んでいなかっのだ
と思います。

前にも同じ時間帯は並んでおらず、そのあと1時間後には大行列だったことが有りました。

このチップ、このお店のアルバイトの方が考えたのだとか。

味の方は、中々シンプルで振りかけてある塩と芋の甘味が後からじわじわとやってきて、止められなくなるお味でした。
チーズディップも別売りしていますが、お芋の本来の味を楽しみたい方は、そのまま頂くのがお勧めです。(汗)

ビニール袋に入れてくれるので、食べ終わった後のゴミの持ち帰りも安心です。

見て歩き、食べ歩きには持ってこいの商品のようです。

確か、土日のお昼少し前(11:30くらい?)からオープン
するので、その時間帯を狙うと良いかもです。

皆様も、食べ歩きに如何でしょうか。

場所は、鐘衝き通り(時の鐘の通りです)のやや奥の、酒屋さん(舛屋)の斜向かいです。



一歩一歩、歩いていきましょう。



いつもありがとうございます。
[ 2017/01/06 07:09 ] 時の鐘(鐘撞き堂) | TB(0) | CM(6)

目には青葉 山郭公 初松魚

目には青葉 山郭公 初松魚
目には青葉 山郭公 初松魚


「目には青葉 山郭公 初松魚」

山口素堂という江戸時代の俳人の俳句です。

目に青葉 山ホトトギス 初鰹

今風に読むとこうなります。

字余りとか、季語が二つとか、突っ込みどころ満載の俳句らしいですが、

今日はそれぞれ、もろもろ置いといて、初鰹に迫ります。

この初鰹が川越に非常に密接な関係にあるんです。(汗)

時は戦国時代前期に遡ります。

...長くなりますので、ご興味のある方は「続きを読む」でご覧ください。(汗)


一歩一歩、歩いていきましょう。

いつもありがとうございます。
[ 2016/05/07 16:51 ] 小江戸川越 | TB(0) | CM(2)